▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
見積り

見積り方法

1998年に自由化になってから、各社で料金に違いが出るようになりました。それまではどこの会社で加入しても、等級や年齢など同じ条件であれば料金は同一だったのです。でも、自由化以降は各社ばらつきがあります。A社は年間16000円だったのにB社は13000円、C社は10000円と数千円も開きがあるケースも出ています。

不景気が続く時代ですので、料金は少しでも安いところを選びたいものです。ただ、それぞれのケースによって違ってきますのでサイトで正確な金額を調べることは難しいものになります。

そこで1社ずつ見積もり書を出してもらって、内容を比べることが大切です。見積りは電話やインターネットで条件を伝えていきます。その時には、今加入しているクルマの保険証券、車検証、免許証を手元に準備しておきましょう。料金の算出には、等級、年齢、クルマの車種や型番などが必要になります。すぐにその内容がわかるようにしておけば、見積り請求がスムーズにいきます。過去1年以内に事故で保険を使った場合は、等級が下がってしまいます。その有無も把握しておくことが大切です。

また希望する特約の内容も決めておくといいでしょう。その時には今加入しているプランの内容が参考になります。対人賠償、対物賠償、搭乗者、車両、人身傷害など、現在と同程度にしておけば安心です。実際にクルマの保険を使って、不満がある場合は賠償額を増やすなど検討するといいでしょう。

 

上手に節約

信頼と実績のある20社からお選びいただけます。

取り寄せた見積もりを見ながら、金額・サービスなど具体的に比較検討して
加入会社を決めれば、無駄や不安もなくなります!

ぜひ一度お試しください⇒無料です!

あなたにベストなプランで上手に節約を!

見積り

※ご利用の際、免許証・証券をご用意いただくとお手続きが スムーズです。
満期日まで3日以上90日未満の方におすすめ。