▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
最大17社

車 保険

車を買ったら、まず保険のことを考えましょう。

車保険には自賠責と任意があります。どちらも万が一の事故の時の補償をしてくれるものですが、自賠責は人身事故にだけが対象です。そのため物損事故に対しては補償されないのです。また自賠責の補償額は死亡で最高3000万円、傷害で最高120万円と少額でとても死亡事故には対応できない額となっています。

ちなみに死亡事故の補償額は1億円や2億円と高額になっています。また物損事故では、相手の車の補償、自分の車の修理代だけでなく、店舗や塀を壊した場合なども高額補償になるケースが多いようです。そういう時に補償してくれるのが任意保険です。

任意保険となる車保険は損保会社が取り扱いをしています。加入する場合には、車の車種や等級、運転する人の年齢などいくつもの条件によって料金が変わってきますので見積りを取るのがいいようです。今は任意保険の料金は自由化されています。そのため車保険の金額は各社によって差があるのです。自分のケースはいくらになるかを調べる必要があります。

ただ経済的な負担を減らすために少しでも安いところがいいのですが、それだけでなく補償内容や事故対応力、顧客サービスなどもよく比較してから決めることが大切です。資料請求をしたり、見積りを取って内容をよく比べることが大切です。

車保険は車を購入したらすぐに手続きを始めましょう。また毎年更新をしますので更新前にも、再度内容の確認をするといいでしょう。

車保険の選び方

車を運転している時の万一の事故のために、車保険には入っておきましょう。これは任意で加入するものですが、事故の場合の補償額は高額になるケースが多いものです。自分で補償できないことが多いために、任意保険はぜひ加入しておきましょう。

日本にはいくつもの損保会社があります。古くから日本で営業している会社もあれば、近年の金融自由化に伴って海外から日本に入ってきて営業している外資系の損保会社もあります。日本の損保会社は各地域に代理店を置いて、事故の時などはすぐに駆けつけてくれるというメリットがあります。

一方の外資系損保会社は代理店を置かずに、主に電話やインターネットを使って通信販売形式で契約を取っています。人件費や代理店を置く費用がかからないので、その分安くなります。ただ、事故の時も電話対応が中心になるので不安を感じる人もいるようです。

車保険を選ぶ時は、このように損害保険会社の違いをよく知っておくことが大切です。それぞれにメリットもデメリットもあります。また、車を使う事情は人によってさまざまです。毎日の通勤でよく車を使う人、休日に少ししか運転しない人などがあります。その違いによっても、選ぶ車保険は違ってきます。多くの損保会社では契約の前に資料や見積り書を送ってくれます。具体的な内容や金額をよく比べてみましょう。また同じ損保会社でも、特約や金額に応じて料金は変わってきます。各種のサービスもよく比べることが大切です。

車の保険を上手に節約

信頼と実績のある20社からお選びいただけます。

取り寄せた見積もりを見ながら、金額・サービスなど具体的に比較検討して
加入保険会社を決めれば、自動車保険の無駄や不安もなくなります!

ぜひ一度お試しください⇒無料です!

あなたにベストな車保険で上手に節約を!

比較一覧表

※ご利用の際、免許証・証券をご用意いただくとお手続きが スムーズです。
満期日まで3日以上90日未満の方におすすめ。